過慢

同じレベルにあると思われる集団の中で、自分は優れている方だと思い込む作用をする煩悩。

 この煩悩に無明(酔って気づけない)であるということは、その自己のよくない成績や成果などの客観的事実は根拠がないことだ、と勘違いして無視し、盲冥(自己の問題点が見えなくなって気づけない状態)になっているということである。

 過大な自尊心は自信にもなるし行動力にも影響するので、ある程度過慢であることは大切であるが、強く偏りすぎると、人間関係に摩擦を作る。あるいは影で悪口をささやかれるだろう。自分が評価されないのは、周囲のせいだ、という態度になりやすく、能力に起因したミスをしても内外に言い訳ばかりして改善努力を怠る。効率の良い反省ができなくなってしまうのだ。 

 自己を見つめ、他者の声や評価に謙虚に耳を傾けることは大切である。聞法(仏の教えを聞く)する習慣を真宗門徒が大切にしてきた理由が、よく分かる煩悩である。

 

過慢な態度

「テスト結果は平均点だったけれど、ちょっと予習不足なだけで、僕はその気になってちょっと勉強すれば、あっというまにみんな追い抜いちゃうよ。余裕、余裕」

「こんなテストじゃあ私の本当の力を測れない。テストが悪い。私はもっとすごい」

この煩悩と似たようなバイアス……自信過剰効果、優越の錯覚、ダニング=クルーガー効果