邪慢

間違っていても、正しいと言い張り、自分には徳がないのにあると思う煩悩。

 さて、七慢の中で、これが一番厄介な煩悩だと言える。親鸞聖人も正信偈に「邪見驕慢悪衆生」と、「衆生(人間)は、よこしまなモノの見方(邪見)で、自分は正しいと驕り高ぶって(驕慢)、まことに反省しない慙愧しない罪悪をもっている」と自分を含めてうたっておられる。

 自分の価値感、モノの見方は正しいと、思い込んでやいまいか。自分の立場と都合に執着して、それを正しい言い張り、それによって他者を傷つけてはいまいか。正しいものなど何もないのである。

 

 間違っていても自分は正しい、悪いのはアイツだ、という姿は政治家によく見かける。

 豊洲移転問題で世間が大騒ぎしている時、当時の最高責任者だった石原元都知事は追い詰められたあげくようやく記者会見を開き、「自分に責任はない、悪いのはこの問題を大きくして選挙に利用した小池さんだ」と呆れた開き直りをした。手を上げ質問して追求する記者がいると「おまえは誰だ、どこの記者か、ああ、あの低俗記事ばかり書くところか」と言って相手にしなかった。政治という間違いがあってはならぬ立場と都合上、間違っていました、ごめんなさい、と素直に言えないのだろう。 

 

 素直に非を認める政治は見たことない。謝罪会見があっても、その中身はいいわけばかりで、「世間をお騒がせしたことについては大変申し訳なく──云々」である。もはや常套句。非を本格的に認めるような発言をすると、訴訟された時にとても不利に働くから、謝れないのである。疑惑に留めておかないといけないという駆け引きだ、謝意を全く感じられない。

 この立場と都合に執着するあさましい姿はしっかり私たちにも働いている。

 

 ある男が浮気を指摘された時、こう返した。

「そのうわさには根拠がない、うそっぱちだ。彼女は男性にちょっかいかけられやすい体質で、複数の男性と関係があった。そのことを悩んでいたので、私はむしろ相談にのってあげていたのだ。その様子を浮気と誤解されてリークされ、私の方が被害者だ。ウワサした方を訴えることもできるが彼女の身を思ってそうはしない」

 などと、女性に罪をかぶせてまでして、自己を保存した。結果的にその男は信用をなくしていたが、非を認めない上女性に罪をかぶせる姿はとても不愉快だった。

 しかしながら、私も彼と同じ人間、同じ男である。教学的に言うと因縁生起と言って、彼と違って私が罪を犯していないのは、縁や条件がそろっていないだけで、私にも煩悩は働いている。拙僧には浮気などする気もできるような甲斐性もないが、気をつけようったら気をつけよう。