見(けん)

正しく物事を認識できない性。

自己の都合や概念が認識に入りこむ様子。

常に色眼鏡をかけている状態。

悪見

物事の本質を見ようとせず、軽んじること。自分の都合のみで判断してしまうこと。

 とある長男男性の話である。

 認知症で施設に入居している母から何度も、

「空き家になったウチの、お内仏(仏壇)が心配だ、おとっちゃんにお仏飯せんと」

 と言われ、辟易していた。

(あんなでかい、古い仏壇どうすんねん、面倒くさい)

 とは思いながらも、長男としての意識と、ほったらかしにしている後ろめたさもあって、当院に相談に来られた。

 古いお内仏の本尊は当院に奉納し、長男宅では小さな現代仏壇を購入され、御移徙法要(入仏法要)をした。

 

 報告すると、

「ああ、ありがとな、ありがとうなぁ」

 息子氏は拝まれるように合掌されて、感謝された。よほど嬉しかったのか、涙していた。

 その涙を見てようやく、これまで母が大切にしてきたお内仏を放っておいた罪の意識、何よりも母に相談せずに勝手に小さいお内仏に買い替えた罪の意識を痛感し、時を経て息子氏は拙僧に語ってくれた。

 母はお内仏はまだそのままだと思っている。あの漆塗りの古い立派なお内仏は、大きいとはいえ、今の家でも置こうと思えばできないことはなかった。

「ああ、ありがとな、ありがとうなぁ」

 母が涙して喜ぶほど大切にしているものを、なぜ、自分は本質を見ようとせず軽んじていたのか。長男氏は小さなお内仏を見る度に良心の呵責が思い起こされ、仏とは何か、本尊とはなんなのか、素直に仏法を訪ねるようになっていた。

 いつだったか「この慙愧の念は、私を仏法へ誘う、仏さまからのご縁だったのですね」と拙僧に言われたことがある。

 この身が仏の智慧と慈悲に包まれていたという事実を教えに確認されて、今では小さくなったお内仏を毎日大切にされる立派なお同行である。

 

 認知の母は、心配事が減ったのか、すっかり大人しくなってしまい、息子さんの視点では「可愛くなった」そうだ。

 

 時々、御移徙したことを忘れて、また心配する。

「この顔見たら、お内仏のことを伝えなきゃ、って一生懸命忘れないようにしていたんですね。だから未だに頼んでくるんですよ」

 

「お内仏が心配だ、おとっちゃんにお仏飯せんと」

「お内仏は、ウチの家に引き取ったよ、家族みんなで毎日拝んでるよ。心配ないよ」

 と何度も報告する。

「ああ、ありがとな、ありがとうなぁ」

 と、何度もお礼を言われる。

 

 有難そうに合掌する小さな姿に、仏性を感じ、この母の息子で良かったと思っているそうだ。

 

 

  煩悩にまなこさへられて

   摂取の光明みざれども

   大悲ものうきことなくて

   つねにわが身をてらすなり

     親鸞聖人「高僧和讚」


五悪見 : 有身見 辺見 邪見 見取見 戒禁取見

有身

いのちに自我があると誤解する見。それによって事象に対して所有に執われる煩悩。

 仏教は無我、空(くう)を説く。

 では今ここでモノを考え実行しているこの意識は何なのか。

 難しく説明すると、その自我意識は、縁の集合体なのである。無始時来より、経験、体験、習慣、認識、考えや思いなどの種子(縁)が、複雑に積み重なって摂蔵されて、そこからたまたま今ここにある私たちの自我意識や心が表象されているのである。すなわち因縁生起である。よっていのちの実態は無我なのだ。それを有我と見てしまう煩悩を【有身見】という。

 我(が)のような不変不滅の何かが自我の中核にあると、勘違いさせてしまう煩悩だ。そして、どれほど仏教の学びを深めたりたくさん修行を積んだとしても、凡夫は「自分には我が有る」という幻想への執着から離れることができないのだ。常に無自覚に執着し続ける業を背負っており、その煩悩が原因として苦悩する連鎖の中にいるのである。

 自他、万物の中に「有」(う)を見てしまうので、それによって対象を間違って認識して、所有欲や我執、執着が起こり苦悩する原因になる。

 凡夫は自分の意識や他者や事象を、コントロールしているつもりだが、実態はごく一部を操っていると錯覚しているだけなのだ。本来実態のないモノを有と見るとはそういうことである。

 

 自己および他者、事象への所有欲は苦悩を生む。本当は実態は空であり自分のモノではないのだ。

 

 ある罪を犯した青年から、こんな話を聞いた。

 子どもの頃、母親が自分に対して過大な期待と過干渉をしており、苦しい少年時代・思春期だったそうだ。

「少年時代、外で友達と遊んでいても、17:00までには家に帰らないと、母親にカギを閉められ家に入れてもらえなくなった」

「だから友達の親などに頼んで、定時を少し過ぎてしまいます、とウソの電話をしてもらったりして、子どもの頃から、『親などを騙す』『親の目を盗む』ことをよく考えていた」

「勉強、塾、お稽古と、スケジュールも母親が管理していた」

「私立中学に進めたが、母親はこんなレベルの低い学校!って怒鳴って、入学式の時、校門前の記念撮影に写ろうとしなかった。その時からコイツだめだと、母親はすっかり俺にとって敵になったのよ」

「中学生になっても、所持金と貯金は全部管理されていた。何にいくら使ったかノートに書いて報告しないといけない。そして無駄遣いしてはダメだとかもっと賢くお金を使えとか言われて、ペナルティが小遣いの額に反映された。それでも自分の金じゃなかった。親の言うとおりに使わないとダメだったから」

「コンビニの不要な領収書をがっさり盗んで、そこから使っても怒られないだろうレシートを探し、それでウソの報告をして好きな物を買えるお金を作ったりもしたな」

「だからとにかく自分の思い通りになるお金が欲しかった。劣等感や鬱屈した根性もはたらいて、友達から盗む、いじめとカツアゲなど、中学の頃からすっかり親や教師にバレないように陰湿な非行をしていた。そういう仲間とつるむようになって、仲間も俺のために親によくウソついてくれた。仲間と一緒に痴漢狩りと称して、痴漢したサラリーマンから恐喝したこともあった」

「やがて両親、特に母親とは決定的なケンカをして、高校を中退。まえから頼っていたチンピラのアニキの家に転がり込んで、ほぼ黒のグレーな仕事ばかりしていた」

「特に、女を騙して儲ける非道な仕事だったね」

「気がつけば、タバコを吸うレベルで平気で麻薬依存症になり、檻の中よ。ここまで自分を振り返ることができたのは、教誨師の坊さんがずっと話を聞いてくれたからだ」

「でもこれは反省じゃない。もう大人だから、自分でなんとか生きていかないといけないけれど、母親へのコンプレックスは消えそうにない。人生を初期からメチャメチャにされたという被害者意識がずっとあって、性格や行動に強く影響している。自分の犯した罪の意識や、被害者への謝罪の気持ちとか、ロールレタリングさせられたりしたが、うわべだけの謝罪文で、本当の反省じゃない。少しも自分が悪いとは思っていない、逮捕されて運が悪かった、ぐらいしか思っえない」

「公判の時、弁護士交えて母と対話する機会があったが、あの女は、コイツはもう息子じゃないと言いやがった。自分の育児は、間違っていたと一つも思っていなかったよ」

「あの、話を聞き続けてくれていた坊さんに免じて、今は、ルールは破らないように生きるつもりではいるが、もうやり方がわからないよ。ずっとバレないように、騙すようにと生きてきたから」

 

 古来よりコンプレックスの解消は至難だ。

 母親は有に執らわれ息子を愛することと所有欲を混同して大きな苦悩を生んだ。きっと母親にも言い分があって、自分の息子が全く言うこと聞かない、デキの悪いことだと嘆いていたのだろう。そこには自己を正しいと思い込み、他を所有化しようとする煩悩が間違いなくはたらいている。

 そして青年も、いくら自己とは無我であり、無辺の可能性があり、まだまだこれからが大切だ、とかお知らせされても、「私はこういう人生・人物・性格である」という自我への執着から離れることなど、自力でできるはずがない。

 だから仏法にヒントを求めてさまよい続けている。ようこそようこそと、ただ傾聴し、本願念仏について少し話すくらいしか拙僧にはできず、自分を含め、人間の業の深さに対して無力を痛感する。

 

 我(が)のような不変不滅の何かが自我の中核にあると、勘違いさせてしまう煩悩。そして、どれほど自力努力を重ねても、凡夫には離れることができない。常に無自覚に執着し続ける業を背負っているのである。

 

 我に執らわれ、苦しみ嘆き続ける業苦の中にあって、解脱することのできない凡夫を、決して見捨てぬぞとはたらき続ける仏がある。それを南無阿弥陀仏と申すのである。

 

※青年と母親については人物特定がされないように変換しています。


偏った情報・考え方に執着する心。一辺にとらわれた考え方。

 2020年4月5月、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、全国に緊急事態宣言が発令され、学校も休校が続き、子どもたちは家に居る時間が増えた。そしてスマホなどに向き合う時間が激増したと統計が報道されていた。youtubeの視聴数やゲームアプリのダウンロード回数ば大幅に増したとのこと。

 

 IT好きの拙僧としては、我が子含めて近所の子どもや門徒の家々で次のことをよく話した。

  

 題して「レコメンドについて子どもに教えたいこと」。

 

 簡単に「レコメンドエンジン」の機能について要約すると、検索エンジンや通販サイト、SNSとかでよくある機能。利用者の好みにあった物品やサービス、情報を推薦する技術。

 利用者の閲覧履歴、検索履歴、購入履歴やアンケート、好みが似た他の利用者の情報を分析し、都合の良い情報や物品やサービスを絞り込んで推薦することにより、売り上げや閲覧回数を高めるのがねらい。

 ビッグデータ学習型AIが可能にした、便利で素晴らしい機能であるが、包丁理論と同じで、便利で必要な道具ではあるが人を傷つけることもできる。便利だけど有害性もちゃんとあるということなのだ。

 だからどのような場合でも、新しい技術が社会に浸透するときは、ルールや倫理も伴うべきだ。企業側は良い面しか言わない場合があるから利用者は気をつけないといけない。

 

 ここからが本題。

 商品やお店のレコメンドぐらいならさほど問題にならない。しかし情報のレコメンド機能は、カルトの行うマインドコントロール(情報のコントロール)と仕組みが似ているので、レコメンドに対して無知・無自覚だと有害性を発揮することがある。

 

 カルトの行う「情報のコントロール」の第一段階は、組織側が対象を自分達にとって都合のいい人格に改造するために、時間をかけて本人に気づかれないように対象を情報的閉鎖環境の中に追い込んで、組織側にとって都合のいい限られた情報しか得られない状態にするのである。

 対象者は自分が情報的な閉鎖環境の中に誘導されたことに気づいていないので「自分でその情報(道)を選んだ」と勘違いしてしまう。客観的に見れば選ばされているのである。これがくり返されると、考え方が組織にとって都合の良いように偏っていって修正できなくなってしまう。(スティーブン・ハッサン「マインドコントロールの恐怖」を参照)

 

 同じように検索エンジンは働いている。履歴と類似から利用者が好むだろう情報をレコメンドして上位に表示してくれるからだ。

 たとえば「Aという悪い人物について」検索をしていたら、徐々にその検索・閲覧傾向からAIが「Aという悪い人物について」という情報やサイトがその人に集まりやすくしてくれる。そして徐々にその分野に関する知識が深まっていき、同時に考え方も偏っていくのだ。この状況がマインドコントロールと似ており、検索者がレコメンドについて無知だったら、情報的閉鎖環境に無自覚でいるのと同じなのだ。「インターネットにもこのように書いてある、私の考え方はやはり正しかった」とレコメンドされた情報しか見ていないのに、確証してしまうのである。そのままAIのお勧めのままに学習を深めていってしまうと、「Aはとても悪い人物だ」というガンコな思想家になって聞く耳をもてなくなる。「実はAにはこういう事情背景があった」とかそういう面の情報を聞いても信じられなくなる。こういう頑なさを仏教的には偏固とかいう。心理的には確証バイアスという。

 

 人生、偏るとまったく損である。

 

 企業やサイトはレコメンド機能をある程度操作している。消費者閲覧者の皆々さんは、情報がコントロールをされていることを自覚しながら利用するべきだ。こんなこと言いながら、なぜ、拙僧自身は利用を止めないのかというと、便利で面白いからもうやめられないのである。わかっちゃいるけどやめられない煩悩がはたらいている。

 これって本当に正しいの? 疑う姿勢を大切に、楽しく情報や商品を漁るのが良い。こういうことを学校で教えてくれたらいいなぁ。

この煩悩と似たようなバイアス……確証バイアス、Google効果、エコーチェンバー効果


取見

誤った考えを正しいと思い込むこと。間違った考え方を勝れた考え方であると、それに執着する考え方・とらえ方・見。

 仏教学的には、

 ・有身見(いのちを「有我」と誤解し、所有しようと執着する心)、

 ・辺見(偏った考え方に執着する心)、

 ・邪見(仏法を否定する考えに執着する心)

 以上の三見を、勝れた正しいものとして考え、そのように考える自己に陶酔し、さらに執われ、事象の本質を正しく見れなくなる煩悩である。

 

 大阪本町に難波別院(南御堂)という大寺院がある。

 そこは500年以上の歴史を持つ大阪教区の中核であるため、本堂の荘厳(仏具の飾り方)や勤行の作法、法話教学など、古儀に則って厳格に護られて今日まで伝えられており、大阪教区のお寺のお手本という役割がある。拙僧は10年以上そこに奉職して2012年に退職した。退職後は自坊恩楽寺に専念し、時々別院の立華などでお手伝いしている。

  退職時には若手にそれらの指導をする位置にいたため、頭はとても固くなっていたと思う。

 

  2012年当時、恩楽寺での月参りの時、にこにこしながら私の力説(大谷派で定めてあるお内仏の荘厳について)を嬉しそうに聞いてくださった門徒のお爺さんがいた。

「若さんいっぱい御堂さんで修行してこられて、うれしいですぞ。そのお供え物は、生前の妻が「お父さん、これおいしいよ。いらないの?」とコロコロ笑いながら食べとったんです。私はそれほど美味しいとは思っていないのですが、見かけたらつい買ってしまう。お供えしたら、また笑ってる顔を思い出せると思って。お内仏の中にはこういうお菓子はお供えしたらアカンのですね、間違った弔いのやり方しててすんません」

 にこにこしながら、拙僧の慢心を受け止めてくださった。

 

 その御仁の笑顔が、とても痛くて、その日の夜は眠れず、翌日父母と相談して、親鸞聖人の御和讃が全部載っている青い勤行集手土産に謝りに行った。

 お爺さんは逆に恐縮されて、コーヒーを頂きながら当家のお内仏についてをいろいろ聞かせてくれた。

 

 戦後、空襲で焼け出され、モノがない中で、父親がごそごそやっているので、何を熱心にしているのか見ると、お内仏(仏壇)を手作りしていた。完成すると京都の東本願寺までご本尊の軸を一緒にもらいに連れて行ってくれたそうだ。

 やがて手製のお内仏から、漆本塗に買い替えた。その時の入仏法要を私の祖父が執行し、一緒に遅くまでドンチャンしたそうだ。恩楽寺はその時からのご縁。

「このお内仏をお迎えした時の親父は、本当に嬉しそうにしていたよ」

 と話してくれた。今時は、お内仏を買い替えてそこまで喜べる人はいるだろうか。

 

 それ以降、私はお寺もお内仏も荘厳やお供え物に口を出さないこだわらないと慙じて決めた。

 お内仏は家それぞれの想いが荘厳されて朗らかに輝いている。お寺の荘厳や儀式も教学も、正しさに取り憑かれて何かを見失っている僧侶は実は多い。それらは正式ではなく純粋に古儀・助業であるだけなのであって、「ただ念仏もうすべし」だけが真実・正業なのだ。

 いかに自己が「正しさ」に取り憑かれているのかよく分かった時のことだった。こういう「正しさ」に執われる煩悩がこの身にはたらいている。私はそこにお供えされた見えない荘厳に報いたい。

 

 正しい教え、正しい儀式声明、正しいお飾りの仕方、頭がカチコチになっていた拙僧を、ほぐして下さったその御仁の葬儀は、私が執行した。2020年のことだった。

 もうお礼を言えなくなってしまったが、お浄土から私に教えておられると思うと、心強くて頭が下がる。命日を参る度に、感謝、慚愧、悲しみ、喜び、色々湧いてくる。このいのち念仏布教に使い切ろう。


戒禁取見

誤った教えで悟りを開くこと。因とならないものを因であると誤って考え、それをすぐれた考え方だと執着する見。

 2020年五月、新型コロナウイルスに対して非常事態宣言が発令された時。テレビではコロナ関連の報道の中で、学校や教育の現場をどうするか議論が盛んだった。

 

 月参りにて、とある女子高生に

「4月入学、9月入学、どっちが良い?」

 と気軽に聞くと、

「どうせ、子どもの意見は無視して大人の都合で決まるんでしょ」

 と、なかなか見事に返された。

 ははぁ、うーむ、と考え込んでいると、続けて、

「4月、9月の議論以前に、教育制度を改革してほしい。いじめを隠そうとする学校や教育委員会に従うのは屈辱的だ」

 と続けられて、はぁ~、と感心してしまった。話の要点はズレていったが、若い獅子の咆哮を聞くようで、本当に心地良かった。

「街角にある政党ポスター、『小さな声を聞く力』とあるが、子どもの声や当事者の声を本当に聞いているのか」

 そのとおりやなぁ。自分で「力」があると誇示するのは驕りやね。

「中高と英語勉強してきたが、全然しゃべれるようになれないこの文法ばかり勉強するのに何の意味があるのか」

 そのとおりやなぁ……。曰く、交換留学生のインド出身の友達は、学校で一年日本語を習っただけで、最初からペラペラだそうだ。

「賢さで評価される社会にはでたくない、ずっと学生でいたい」

 でるわでるわ、大人や社会に対する不満。なかなか大した思想家やん、キミそんなこといつも考えているの?と聞くと

「好きなユーチューバーから学んだ」

 という。そのユーチューバーを敬愛しすぎてずっと見ているそうだ。

 

 バイアスに「Google効果」とか「確証バイアス」というものがある。インターネットで自分にとって都合のいい意見だけを確認して、他は検討せずに、自分の意見は正しかったと、思い込みを強めていく作用である。偏りすぎると、話が聞けなくなって、他の可能性の検討する気もなくなってしまう。

 

 女子高生の母親曰く、「ウチの子は、もうこのユーチューバーしか信じていないんです;;」

 

 家族での会話でも「あのユーチューバーはこう言っている。そのユーチューバーはこう言っている」と親の話よりもユーチューバーを信じるそうだ。そんなものばかり見て信じ込まないで! 世界はもっと広くて色んな意見があるのよ! と諭しても、「世界中の主義主張は、それぞれの立場と都合が主軸にある、損得の潜んだウソばっかり。損得ぬきで語るこのユーチューバーが本物だ」と頑なになっているそうだ。我が身にも、都合の良い意見を尊重し、都合の悪い意見を排しようとする、同じ業が備わっていますな。

 

 ちなみにニュースタイプ・論説タイプのユーチューバーは、激しい承認欲求と広告収入を動機にして、時事や政治、問題について、ネットで漁った情報を参考に、事実確認や根拠なく過激に述べている者は少なくない。カッコいいので、若い子は惹き付けられてしまう。少女にこのことを説明しても、聞く耳持てなくなっているだろうから、ストレートに話しては逆効果なのだ。先ず傾聴して、比較対象を遠回しに用意してあげて、他の可能性の検討を自分からするように仕向けなければならない。マインドコントロールを解く手順とよく似ている。

この煩悩と似たようなバイアス……Google効果、確証バイアス