そのモノを強く執着・依存し、欲するこころ。人間の根源的な欲望。

 仏教学的には「愛」という語は迷いの根源として、渇愛、貪愛、痴愛、恩愛などと否定的に把握される。渇愛の原義は「渇き」であり、根源的な衝動欲求が人間の奥底にてはたらいている。

 

 人間の、家族や仲間を大切に想うこころも、この煩悩に起因するところなのだろうか。

 

 2020年──、以前から、傾聴させていただいていた、尊いお同行が50代と若くして浄還された。癌で、余命すくなく、当寺の定例法話に子どもも連れて足繁く参られ、

「阿弥陀さまのところへ参らせてもらうので、死ぬのは怖くないけれど、家族が」

 と、残す家族子どもの心配をいつもされておらた。次回の定例も来るつもりだったそうな。もう、立場は逆になってしまって、浄土から既にお説法されておられるのだろう。ただもうすこし、おしゃべりしたかった。思い出すと今もさみしい。彼の命日は、私にとってもとても重い。

 葬儀の時、お子さんが力こめて合掌お念仏されていた。嗚咽するでもなく、ただ静かな涙の筋を作りながら、ハッキリした発音で南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と称えていた。そして火葬の時、お父さん、お父さん!と泣く声に、会場にいた全ての者が涙した。その子の悲壮な決意のこもった念仏と父を呼ぶ声が、たまらず、身に堪えて、誰かに聞いて欲しくて、仲間や家族に打ち明けた。やっぱり、悲しかった。

 

 もっと以前──、ある時、当院門徒女性からこんな話を聞いた。

「主人を亡くしてからしばらく、毎日泣いていたの。そしたら小姑に『いいかげん切り替えたらどうなの。仏法では煩悩といって、異常に執着して依存しているから、失った時とても辛いというのよ』って言われてね。信じられなかったの」

 その小姑も夫を亡くしていて、確かにその時の葬儀では小姑は毅然としていた。

「確かに正しい教えなのかもね。執着しているから、苦悩するんだと」

 迷いと苦悩の原因は煩悩があるからだ。

 

「でも愛しいと想うコトやその人を失った悲しみが、執着や煩悩だというのなら、私は煩悩のままでいいわ。とても小姑みたいに気丈に振る舞うなんてできないと思ったわ」

 

 拙僧は色んな葬儀を執行し、その別れの現場から聞こえてくる様々な想いから、次のように習った。「別離の悲しみが深ければ深いほど、その者を大切にしていた証である」と。

 

 仏法では渇愛や恩愛と、煩悩であると教え習う。確かに私たちを苦しめる原因だ。

 いくら無分別知、無差別知の菩薩の眼差しについて聞き習っても、拙僧自身がそのようになれるとは全く思えない。

 我が身は有縁のみ大切する、狭き愛情しか持てぬ、浅ましき身なのだ。そのような私に働く仏の無縁の慈悲を感じる時はあっても、仏のように事象を観察できるわけがない。この身は煩悩具足であると理解していてもこういう生き方しかできない。これを煩悩具足という。

 

 だからこそ、阿弥陀如来は「そうかそうか、それでいい、そのまま救う。煩悩のままでよい、心配するな、大丈夫だ。必ず浄土に救い取る。さあ我が名を称えよ。見捨てぬよ、あきらめぬよ、ずっと汝をささえておるよ」と大悲をたれたもうておられるのだ。自力で煩悩を滅することのできない我等には、この本願にお救い頂く他に、何の道があるだろうか。